• 1か月は28日(4週間)です。日が同じならば同じ曜日です。
  • 1年は13か月です。28日×13か月=354
  • 余った日は余りの日、閏年の日は閏日とします。
  • 立春の日を1月1日とします。
  • 季節を73日づつ5つ【新緑】に分けます。
現在の暦はローマ帝国時代に決められたもので、コンピュータでは非常に使いづらい暦になっています。そこで新しい暦を考えてみました。 1週間7日を基本とし、1か月を4週間28日とします。そうすると1年は13か月になって1日(閏年は2日)余ります。 この日は余りの日及び閏日として別に扱うこととします。季節も73日づつ5つに分けました。(夏を「初夏」と「真夏」に分けました。) 皆さんも素敵な暦を考えてみてはどうでしょうか。